3つのアレルギー対策

お掃除のこと

父、私、妻そして先日

息子もアレルギー性鼻炎と診断されました。

 

息子は0歳のころから中耳炎や食べ物アレルギーに悩まされ、

品川区にある耳鼻科や皮膚科に何か所もいき耳の切開を何度もさせられ、

 

大の耳鼻科嫌いでした。

おかげさまで、食べ物アレルギーも中耳炎もほぼなくなりましたが、鼻水だけはでてくるので、

 

妹がいっている耳鼻科にいやいや連れて行ったら、まったく嫌がらずに診察が受けられ、

全然怖くなかった、また行こうね、と言ってくれました。

 

おそらく温厚で物腰のやわらかな感じの先生が彼にあっていたのだと思います。

荏原町にある、なつめ耳鼻咽喉科というところで、アレルギーにも力をいれているようです。

 

 

0歳の子供が成長とともに食べ物アレルギーや中耳炎などを克服していき、これから

長い付き合いになるであろうアレルギー性鼻炎と戦ううえで、

 

  1. 適切な食べ物を摂取して、免疫力を高める。
  2. 良い病院、良い先生に会い、適切な治療を受ける。
  3. ハウスダスト等のアレルゲンをできるだけ除去する。

 

が大事だと思いました。

 

1について、これはたまたまうちの子供に通用したことなのかもしれませんが、食物アレルギー検査をしてひっかかったものも徐々に摂取していきました。

 

保育園の給食も色々な野菜、果物をだしてくれるお蔭で

様々な食べ物を体にいれることにより、免疫力が高まったと思っています。その甲斐あってか、2歳になるころには

 

あれあれの肌もすべすべになっていました。もちろん、重篤なアレルギー症状を引き起こすことも十分考えられるので、

 

慎重に行う必要はあると思います。

 

2について、アレルギー治療において専門医の力は重要だと思います。先生の知識や腕もさることながら

 

子供との相性や通いやすさも大事ですよね。ちなみに4か所目でここに出会えました。

通いやすさと言う点で、耳鼻科の最大の難点である待ち時間の長さですが、なつめさんでは待ち時間がスマホでわかるシステムを採用しています。

 

最近の病院は多いのですかね?とても便利です。

 

3について、もともと掃除とかほんと気づいた時しかしなかった不精な我が家でもハウスダストがアレルギー

の原因だと思うと、そして子供が苦しんでいるのをみると、こまめにするようになりました。

日常生活を快適に暮らすうえで、当たり前だけど、なかなかできないのがお掃除。

 

お掃除を定期清掃というかたちでアウトソースするライフスタイル

お勧めです。

The following two tabs change content below.
新井 友和

新井 友和

代表取締役株式会社Arrival
ハウスクリーニングのお掃除バールを運営してます。 品川区に生まれ育ててもらいながら、地元密着でサービスを展開しています。美味しいお弁当屋さんがあったら教えてください!